子ども達への取組みApproach to children

ベルマーク運動

子どもたちと学校を応援しよう

NGPは、次世代を担う子供たちの教育活動支援活動を図るために、ベルマーク運動に「協賛会社」として2012年4月より参加しています。 ベルマークは、国内・海外の学校教育現場を支援する活動で、PTAが収集、仕分けを行いベルマーク財団へ送ります。
収集したマークは1点1円として学校の預金となります。

ギャランティーシールにベルマークが!

NGPのリサイクル部品に貼付されている「ギャランティーシール」にベルマークがついています。修理時にこのギャランティシールを回収し、学校にある指定の収集箱へお届けください。NGPのリサイクル部品に貼付されている「ギャランティーシール」にベルマークがついています。修理時にこのギャランティシールを回収し、学校にある指定の収集箱へお届けください。
または、この活動に賛同している自動車修理事業者が「ベルマークサポーター工場」としてベルマークを収集しています。こちらの回収箱もご利用ください。

NGPのベルマーク運動にご賛同いただけませんか?

NGPでは、ベルマーク収集にご協力いただける自動車整備事業者様を募集しております。
みんなの一枚が、被災地の学校の支援になります。
サポーターの皆様には、下記のグッズをおとどけします。

オリジナル収集ボックス、ポスター、三つ折りチラシ
詳しくはNGPベルマーク運動 本部(TEL:03-5475-1208)までお気軽にお問合せください。

主な活動報告

  • 2017.07全国のPTA に向けて自動車整備・修理時のリユース部品の活用をPR

    全国のPTA に向けて自動車整備・修理時のリユース部品の活用をPR2017年ベルマーク運動説明会に各地のNGP組合員が出展しました。
    NGP協同組合が協賛団体として2012年より加入しているベルマーク教育助成財団(銭谷眞美理事長)は、5月9日から6月23日まで、全国95会場で「2017年ベルマーク運動説明会」を開催してい ます。
    5月18 に千葉県教育会館新館(同県千葉市)で開催された同説明会には、NGP協同組合の平野泰雄・総務広報委員会副委員長が出席しました。
    平野副委員長は協賛企業挨拶の席で、リサイクル部品の特徴や有意性について解説し「自動車を修理される際には“NGPのリサイクル部品で修理を”とひと言工場様にお申し出いただければ幸いです」と、近隣小学校のPTA役員を中心とした来場者に呼びかけました。
    さらに協賛企業ブースでは、リサイクル部品の品質及び活用による環境保全への効果などを紹介するリーフレットを配布し、NGP協同組合の取り組みやサービスをPRしています。

  • 2016.12石川県自動車車体整備協同組合様が熊本地震で被災された学校へベルマークを寄贈

    石川県自動車車体整備協同組合様が熊本地震で被災された学校へベルマークを寄贈石川県自動車車体整備協同組合様は(有)ツクダ自動車前社長の故佃正人氏の呼びかけにより、NGPグループのベルマーク活動に賛同し、組合全体でベルマークの収集活動を実施されておりますが、この度ベルマーク財団を通じ、熊本地震の被災地支援のためベルマークを寄贈されました。

    ※写真:石川県自動車車体整備協同組合の野崎理事長(左奥)・武部理事(右手前)にベルマーク収集箱を贈呈する(有)ツクダ自動車中島社長

  • 2016.095年連続、被災校支援に20万円寄贈

    5年連続、被災校支援に20万円寄贈2016年9月13日、「東日本大震災と熊本地震の被災地の子どもたちのために」と20万円をベルマーク財団に寄付させていただきました。5年連続の寄付です。

    ベルマークホームページに掲載されました。

  • 2016.5ベルマーク運動説明会に出展

    2016年5月24日に千葉県教育会館新館(同県千葉市)で開催された「2016年ベルマーク運動説明会」に出展しました。NGPは自動車リサイクル業界唯一のベルマーク協賛団体として2012年より

      加入しています。

      • 2016年5月24日に千葉県教育会館新館(同県千葉市)で開催された「2016年ベルマーク運動説明会」に出展
      • 2016年5月24日に千葉県教育会館新館(同県千葉市)で開催された「2016年ベルマーク運動説明会」に出展
ページ上部へ