プレスリリースpress release

NGP協同組合とブロードリーフ、業務提携契約を締結
~システム連携による販路拡⼤と業界発展を指して~

2017年10月23日

プレスリリース

 自動車リサイクル業界において使用済み自動車の適正処理と、品質の高いリサイクル部品を供給するNGP日本自動車リサイクル事業協同組合(本社:東京都港区、理事長:佐藤幸雄、以下、NGP協同組合)は、自動車アフターマーケットを中心にITサービスの提供を行う株式会社ブロードリーフ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大山堅司、以下、ブロードリーフ)と、2017年10月23日、リサイクル部品の流通拡大を目的とした業務提携契約を締結いたしました。

■提携概要

 現在、国内の自動車リサイクル部品は、許認可を受けた自動車リサイクル事業者で構成される複数の任意団体が、それぞれ独自で運営するマーケット上で売買されており、中でもNGP協同組合はその流通規模も大きく(533億円:2016年度)、商品の品質面でも厳しい品質基準で信頼性の高いリサイクル部品を供給しています。一方、ブロードリーフは、リサイクル部品を供給する自動車リサイクル事業者や、整備鈑金工場などの部品購入者が加盟(11700拠点:2016年末)する、自動車リサイクル部品の流通ネットワーク「パーツステーションNET」を運営しています。

 今回の提携により、まずは両社のシステム連携を行ない、NGPグループマーケットの「NGPシステム」に出品されているリサイクル部品を「パーツステーションNET」でも販売できるようにします。これにより、パーツステーションに参加する会員は、厳しい品質基準で生産された信頼性の高いNGPグループのリサイクル部品を購入することができるようになり、また、NGP協同組合に加盟している会員は、「パーツステーションNET」のネットワークを活用し大きく販路を広げることができます。

 システム連携は、2018年5月の運用開始を目指し、両社でシステム開発に着手します。

 NGP協同組合とブロードリーフは、今後両社で販路拡大を進め、リサイクル部品業界のさらなる発展を目指します。

■業務提携内容

  1. NGPシステム※1に登録されたリサイクル部品を、システム連携によって自動でパーツステーションNET※2に公開・販売
  2. リサイクル部品の認知度向上を目的とした利用促進の啓蒙活動
  3. その他関連業務に関する協業の検討
※1 NGPシステム
NGP協同組合が運営する、自動車リサイクル部品在庫共有システム。NGP組合員185 拠点のリサイクル部品を、登録、検索、閲覧、注文することが可能。
※2パーツステーションNET
ブロードリーフが運営するリサイクル部品共有在庫ネットワーク。豊富な在庫点数と、プロの目で選ばれた高品質な部品の購入が可能。

<NGP日本自動車リサイクル事業協同組合>

代表者:
理事長 佐藤 幸雄
所在地:
東京都港区高輪3-25-33 長田ビル2F
事業内容:
使用済み自動車の適正処理・リサイクル部品の生産及び、販売、CO2排出削減・エネルギー抑制・再資源化促進など
URL:
http://www.ngp.gr.jp/

<株式会社ブロードリーフ>

代表者:
代表取締役社長 大山 堅司
所在地:
東京都品川区東品川4-13-14 グラスキューブ品川8F
事業内容:
自動車アフターマーケットを中心に幅広い業種・業界の現場業務を支援するソフトウエア・IT ソリューション&各種サービスを提供

URL:
https://www.broadleaf.co.jp/

<参考資料>

■⾃動⾞リサイクル部品について

自動車リサイクル部品の種類には、以下のものがあります。


・リユース部品
使用済み自動車から取り外された部品で、性能評価後、美化され再利用できる状態に商品化した部品。
・リビルト部品
使用済みの部品を分解し、消耗した部分のみを新品部品に交換し、再度組み立てた部品。

今回の提携によるリサイクル部品の流通は、リユース部品の流通が主になります。
エンジンをはじめとする電装系部品などの機能部品は、専用テスターでの評価により、その性能を担保され、かつ一定期間の保証がついたものが多く、バンパーやボンネット及びドアなどの外装部品は、しっかりと洗浄の上、細かなキズ情報が明示された商品が流通しています。
国内のリサイクル部品の市場は約50年以上の歴史があり、その生産工程も確立してきています。その中で生産される国内のリユース部品は、その品質の高さ、信頼性の高さで世界中から注目されています。

<リサイクル部品が普及する意義>

リサイクル部品の普及が進むことで一般消費者においては、マイカーの修理を安価に抑えることができます。また、リサイクル部品を使用することで、CO2の削減に大きく貢献することができ、地球温暖化の防止につながります。

<リサイクル部品の現状>

上記の通り、日本のリサイクル部品の商品価値は非常に高いものの、一般消費者に対する認知度はまだ低く、国内の自動車アフターマーケットにおける普及も進んでいません。

以上

詳細については…NGP総務広報委員会 担当 まで
NGP日本自動車リサイクル事業協同組合
URL http://www.ngp.gr.jp

NGP協同組合事務局
〒108-0074 東京都港区高輪3-25-33 長田ビル2F
TEL:03-5475-1208 FAX:03-5475-1209
株式会社NGP
〒108-0074 東京都港区高輪3-25-33 長田ビル2F
TEL:03-5475-1200 FAX:03-5475-1201

NGP協同組合とブロードリーフ、業務提携契約を締結 ~システム連携による販路拡大と業界発展を指して~

一覧へ戻る

ページ上部へ