NGPグループ

NGP日本自動車リサイクル事業協同組合

〒108-0074
東京都港区高輪3-25-33長田ビル2F
TEL:03-5475-1208/FAX:03-5475-1209

リユース部品利用に伴う
CO2削減量

平成28年6月:

3,092t

自動車リサイクル部品産学共同研究会が、「自動車リサイクル部品による環境負荷低減効果の研究」の結果をもとに、NGPが販売したリユース部品の50部品(左右ある部品を含むと64部品)を対象に算出した数値です。

リターナブル梱包材利用に伴うCO2削減量

平成28年6月:

9.8t

NGPリサイクル部品

NGPは自動車リサイクル事業を通して様々な活動を行っています。

私たちは自動車リサイクル事業を通して地球環境保護に貢献することが「誓い」です。

 自動車リサイクル法の施行によって、自動車リサイクルシステムという大きな枠組は完成しましたが、それだけでは使用済み自動車による環境問題・資源問題の解決は不十分です。
わが国では、毎年400万台の車が廃車になっています。これがそのまま廃棄物になると、400万トンもの廃棄量になります。これは全国で毎年排出される廃棄物(約7,000万トン)の6%になり大きな 社会問題となります。そこで、この膨大な廃車を廃棄物ではなく、 再生資源として活かされたのが自動車リサイクル部品です。
リサイクル部品は、新たなエネルギーを使用せず、使える部品を再使用するので、最も環境負荷の少ない資源の再利用方法といえます。
NGPグループ21世紀宣言
一、我々は、使用済み車輌を適正に処理します。
一、我々は、自動車リサイクル部品を全面的に啓蒙します
我々NGPグループは、自動車リサイクル部品流通業界のリーダーとして、一人一人が責任を持ち、21世紀の地球温暖化防止に貢献していくことを誓います。2005年に施行された自動車リサイクル法の遵守はもとより、地球環境の保全に尽くし、地域社会に信頼され、存在価値のあるグループを目指します。

地球環境を守るため「使用済み自動車の適正処理」に取り組みます。

使用済み自動車リサイクルフロー


※NGPでは使用済み自動車の適正処理を実施する全国ネットワークとして、電子マニフェクト(移動報告)による車両管理を徹底しています。

使用済み自動車廃車処理台数と廃棄物回収実績の推移
回収実績
(2011年9月〜2015年8月)
使用済み自動車
使用済み自動車

事故による全損車輌やリースアップ車輌を積載車輌にて引取りします。引取り・処理には自動車リサイクル法の引き取り業者、フロン類回収業者、解体業者、破砕業者の登録・許可が必要です。 当組合では、使用済み車輌適正処理を実施する全国ネットワークとして電子マニフェスト(移動報告)による管理を徹底しています。

廃オイル・LLC
廃オイル・LLC土壌汚染、水質汚濁の原因である廃オイル・LLC等は丁寧に回収しなければなりません。また、浄化槽設備を充実させ、工場敷地外への 流出防止に努め、土壌汚染・水質汚濁の影響調査を実施するように指導しています。回収後には、適正引取業者に処理委託を行い、 引取業者証明書によってその状況を把握しています。
フロンガス
フロンガスカーエアコンの冷媒として使われるフロン類は大気の放出すると、オゾン層の破壊や地球温暖化の要因になるため、適正な処理(破壊) をする必要があります。また、回収処理する事が自動車リサイクル法では義務つけられています。
エアバック
エアバックエアバック類はガス発生剤を使用しており爆発性があるため、使用済み自動車のリサイクルを適正かつ確実に行うため、 解体業者は使用済み自動車を引き取ったときは、「エアバック類」を適正に処理する必要があります。また、処理する事が自動車リサイクル法では義務つけられています。
シュレッダーダスト
車は鉄、アルミ等の金属が多く使われているため総重量の80%がリサイクルされますが、残り20%は解体、破砕後に発生するゴミとなります。このゴミは自動車メーカー等が指定する最終処分場にて適正に処理、再利用されています。

世界品質といえる自動車リサイクル部品の安定供給を目指します。

 自動車リサイクル部品の品質は業界の統一基準がありません。NGPでは、グループ発足以来20年間、グループの中で一定の品質基準を 設け、適正な商品だけをグループの共有在庫として取り扱い市場に供給するよう努力してきました。 この結果、自動車リサイクル部品の世界では「NGPブランド」として定着、業界における品質基準のリーダー役として市場を牽引してきたと自負しております。

  しかし、NGPの品質基準はあくまでも内部の自主的基準でしかありません。そこで国際的に通用するISO(国際標準化機構)にそった品質管理を徹底し、一般消費者の方にもわかりやすく安心して使っていただくよう ISO9001認証を取得しました。すでに内部の品質基準を設けて高品質なリサイクル部品を提供してきたことから、これらを整理し、また不足している部分を補充し、一貫した品質管理マネジメントを確立しています。

また、品質維持・向上させるためには従業員一人一人が作業ルールを守り、品質と製品安全への意識を高めることが重要です。組合では新入社員からベテランまでを対象に定期的な従業員教育を実施しています

リサイクル部品の生産・販売実績の推移


(2011年9月〜2015年8月)
徹底した品質管理「ギャランティシール」
高品質で低価格。自動車リサイクル部品はユーザーにとって大きな魅力を持っています。NGPリサイクル部品には「ギャランティシール」が貼付されています。NGPの基準検査を通過した製品の信頼の証明です。 徹底した品質管理ギャランティシール
「リサイクル部品活用推進店証」を発行

一般ユーザーとの窓口になる全国14,000社の優良修理工場に対して「リサイクル部品活用推進店証」を発行し、自動車リサイクル部品の啓蒙と利用推進のPRに努めています。

 

 

国内のリサイクル部品市場におけるNGP日本自動車リサイクル事業協同組合のシェア

品質管理体制

構築する品質管理体制のイメージお客様に満足していただける商品・サービスを提供するためのISO9001を基本とした品質マネジメントシステムのもと、品質管理体制を構築するために全体の品質責任者として「商品管理委員会」を設置し、各組合員には「商品管理責任者」をそれぞれ設けて体制の強化を図っています。
「商品品質管理責任者」は製品の生産・検査から保管・管理までの全体の商品品質を向上するために各々が所管する向上などの指導・監査をしています。

品質管理に関する基本行動方針

1.お客様の立場にたった品質の確保をします
2.関連法令と契約を遵守してお客様の権利の尊重をします。
3.さらなる品質システムの研究・開発をします。
4.事故発生などの原因追求による本質改善に努力します。

地域社会への責任

構築する品質管理体制のイメージ

地域社会との調和を大切にしていきます。

NGP組合員は法令を遵守し、行政や地域の方々との対話に勤め、地域社会との調和を保つよう配慮しています。事業活動・環境保全などについて、情報を開示して地域の方々との適切なコミュニケーションに努めています。
また各事業所では火災などの事故を発生させないように消防法・安全関係法に準拠した設備機器、保安点検など安全管理を定期的に実施しています。

社会貢献活動基本

1.安全な地域社会つくりのためのグループ・組合員参加型の社会貢献活動を推進します。
2.組合員ボランティア活動支援をします。
3.社会貢献活動において、NPO,NGO等と協力体制を整えます。

ペットボトルキャップ回収のボランティア活動

組合事務局と(株)NGPは2008年秋より、ペットボトルのキャップ(ポリプロピレン)を分別回収し、リサイクル業者に買い上げてもらいその代金をNPO法人「世界のこどもにワクチンを」に寄付する活動に協力しています。