事業内容Activity

使用済自動車の適正処理

使用済み自動車の適正処理と再資源化で「循環型社会」の構築を目指します。

使用済み自動車リサイクルフロー

使用済み自動車リサイクルフロー

自動車のリサイクル率は約99%(1台あたり)

便利で快適な暮らしを支える自動車には、鉄をはじめとする銅、アルミ、レアメタルなど様々な金属が使用されています。NGPは使用済自動車の再資源化のために、最新設備と培った技術で有用な金属類を回収し、環境のための資源循環事業を展開しています。
使用済み自動車の20~30%はリサイクル部品として再利用されます。

自動車部品としてリユース

自動車の部品として再利用可能なものは、リユース部品として取り外され再び車社会で活躍します。
※ほんの一例です。リユース部品の詳細は、リユース部品とリビルト部品へ

自動車部品としてリユース

素材としてリサイクル

自動車には多くの有用な金属が使用されています。分別が終了したボディは鉄素材となり、銅やレアメタルは貴重な素材としてリサイクルされます。廃タイヤのゴムは燃料に使われるなど、私たちは捨てることなく最大限のリサイクルを行っています。

素材としてリサイクル

シュレッダーダストの適正処分

使用済自動車から有用部品や金属類などを回収した後、取り出されるシュレッダーダストは熱源などで再利用されます。 捨てずに使う。それが自動車リサイクルであり、私たちの使命です。

  • シュレッダーダスト

環境に配慮した適切な廃棄処理

  • 廃オイル・LLC

    土壌汚染、水質汚濁の原因となるため、工場敷地外への流出防止に努め、回収後は、適正引取業者に処理委託を行い 引取業者証明書によってその状況を把握しています。

    廃オイル・LLCの適正処理
  • フロンガス

    カーエアコンの冷媒として使われるフロン類は大気の放出をすると、オゾン層の破壊や地球温暖化の要因となります。適正な処理(破壊) 回収処理を行っています

    フロンガス回収処理
  • エアバック

    エアバック類はガス発生剤を使用し爆発性があるため、リサイクル工程における安全性を確保し、作業を行います。自動車リサイクル法に則り適法に処理されます。

    エアバック破砕

分類別処理実績データ

分類別処理実績データ

ISO14001 認証取得

環境マネジメント国際規格「 ISO14001」の認証取得を組合員全体で推進しています。

それぞれの事業内容や地域特性を考慮して、省エネルギー、リサイクル・廃棄物抑制、大気・水質汚染防止等の環境改善活動に組織的・継続的に取り組んでいます。

ページ上部へ