お知らせinformation

桃太郎部品 SDGs/ESG金融を活用して地元小学校にアップサイクル環境教育ノートを寄付

2021年7月7日

NGP組合員の(株)桃太郎部品(岡山市 岸本社長)は、7月2日、SDGs/ESG金融を活用して、岡山市立御南小学校にアップサイクルした環境教育ノート800冊の寄贈を行いました。
香川銀行の地域密着型金融「かがわSDGS私募債」は、SDGs私募債発行企業から受取る手数料の一部を活用することで、発行する企業が指定した学校等に対して書籍・物品等を寄贈するものであり、桃太郎部品 岸本社長は「当社も持続可能な社会の実現を目指すことを目的にSDGs宣言を行っている。御南小学校は、自分の子供たちも通った小学校で、少しでも3Rを学ぶきっかけになればと思い環境教育ノートの寄贈を思い立った。今後も地域密着で社会に役に立てればと思っている」

環境教育ノートは、NGP協組がSDGsへの取り組みの一環として、使用済み自動車に付属する取扱説明書を再生するアップサイクルを行い制作したノートで、自動車リサイクルの流れを通じて、リサイクルと廃棄物抑制の大切さを子供たちに学んでもらうことを目的としています

桃太郎部品 地元小学校にアップサイクル環境教育ノートを寄付
桃太郎部品 地元小学校にアップサイクル環境教育ノートを寄付

 

一覧へ戻る

ページ上部へ