プレスリリースpress release

リターナブル梱包資材の実証テストを実施

2008年6月5日

プレスリリース

 

NGP日本自動車リサイクル事業協同組合(NGP)と日本通運株式会社・日通商事株式会社は、このたび自動車のリサイクル部品輸送の効率化と廃棄梱包資材削減にむけ、新しい梱包資材を開発いたしました。 名づけて「エココンポ・オートパーツ」(仮称)です。
エココンポ・オートパーツの対象はドアやエンジン等の大型部品です。従来、これらの輸送に当たっては、ダンボールや木製パレット、緩衝材、ワイヤーなどを使用し都度梱包していたため、ある程度の梱包技術と部品受け取り後の梱包資材の廃棄が発生していました。
今回開発した資材の特徴は
1.繰り返し使用(概ね5年を想定)し部分補修できる事による廃棄物削減、CO2削減に寄与する。
2.木や釘及び工具を一切使わないで梱包できる専用資材を利用する。
3.ドアAssy等の重量物を梱包・開梱時に持ち上げずに専用資材に格納・取り出しが可能な 為、作業時間の大幅短縮を実現し作業者への負担を軽減すると共に業務効率を改善できる。
4.専用資材は組み立て式で、ワンタッチで折りたためコンパクトに収納でき、日本通運のペリカン便サイズにおさまり資材回収費用が低減できる。
5.部品を受け取った修理工場には自動的に日本通運のペリカン便が資材回収に向かい、発送元へ返送する。
全国200の組合員と部品を使用する85,000の各修理工場との受発注はNGPの「NGPパーツシステム」で行い、資材回収管理は日本通運の 「Cifore21」というシステムで行います。双方のシステムをリンクする事により受注・発注・発送・回収までの一連の流れが全て自動で処理されます。
NGP と日本通運・日通商事は1年以上前からリサイクル部品の輸送効率の向上と梱包資材のリサイクルに関し研究してまいりましたが、今回のドア及びエンジン用の 梱包資材以外の輸送についても引き続き「環境にやさしい輸送」と「資源のリサイクル」によるCO2削減に貢献することをベースに検討してまいります。
また、この梱包資材の利用がリサイクルパーツ業を営む同業者の方々のご理解を得て、業界を挙げての取組になることを願っております。 尚、同梱包リターナブル資材は、6月6日~7日の間、日本ELVリサイクル機構主催による「自動車リサイクル環境フォーラムin北海道」会場にて展示を行なっております。

「エココンポ・オートパーツ(仮称)」(日通商事:実用新案申請済)本体写真

折りたたんだ状態

商品(ドア)の梱包状態

以上

詳細については…NGP総務広報委員会 担当 まで
NGP日本自動車リサイクル事業協同組合
URL http://www.ngp.gr.jp

NGP協同組合事務局
〒108-0074 東京都港区高輪3-25-33 長田ビル2F
TEL:03-5475-1208 FAX:03-5475-1209
株式会社NGP
〒108-0074 東京都港区高輪3-25-33 長田ビル2F
TEL:03-5475-1200 FAX:03-5475-1201

一覧へ戻る

ページ上部へ