わたしたちの取組みOur Approach

被災地支援

NGPは地震や豪雨による洪水や土砂など被害を受けた車両の引き上げ、処理活動などを通して被災地支援を行っています。東日本大震災をはじめ、様々な震災において車両の引き上げ作業はその後の復興の手助けとなります。
NGPでは、今後も積極的に被災地支援活動を行っていきます。

令和2年7月豪雨 被災車両復興支援

NGP協同組合では、九州地方を中心に大きな被害をもたらした令和2年7月豪雨を受け、2020年7月4日に対策本部を設置。7月9日に熊本県人吉市に人吉ヤードを、15日には福岡県筑後市に長浜ヤードを設置し、被災車両の引き取りをスタートしました。

【活動報告】

コロナ禍という厳しい環境下での作業となりましたが、NGP九州支部組合員の全面協力のもと、マスクの着用やソーシャルディスタンスの確保などの感染防止対策を徹底して作業に当たり、約900台の車両の撤去を行いました。

【現場での具体的な対策】

お客様訪問時の対策
  • マスクを着用して訪問
  • 消毒用アルコールと除菌ペーパーを携帯
  • 面談時、ソーシャルディスタンスを保持(最低でも1m以上)
  • 正面で向かい合っての会話はなるべく回避
  • サイン等をお願いするときは、お客様の目の前でボールペンを消毒し手渡す
    (携帯用アルコール又は除菌ペーパー等を使用のこと)
ヤード内での対策
  • マスクを着用して作業
  • 毎朝の検温
  • 仮設事務所の消毒の徹底
    • 事務所内で使用する設備機器・道具類は、常に消毒すること
    • 朝・昼・晩は、定時に消毒作業を行うこと
    • お預かりした書類・鍵も消毒のこと
  • 仮設事務所の三密の回避
    • 定期的な換気をすること
    • 好天時の打合せは事務所外で実施のこと
  • 引取時使用する車両の消毒の徹底
    • 特に運転席、ドアの取っ手等
  • 令和2年7月豪雨 被災車両復興支援1

    炎天下の厳しい状況下でもマスクを着用して作業

  • 令和2年7月豪雨 被災車両復興支援2

    お客様に対応する場面でも、マスクを着用してソーシャルディスタンスを確保

  • 令和2年7月豪雨 被災車両復興支援3
  • 令和2年7月豪雨 被災車両復興支援4
  • 令和2年7月豪雨 被災車両復興支援5
  • 令和2年7月豪雨 被災車両復興支援6

令和元年台風19号及び千葉県豪雨 被災車両復興支援

NGP協同組合では、関東、甲信越、東北地方の広範囲に甚大な被害をもたらした令和元年台風19号を受け、2019年10月17日に対策本部を設置。被害の大きかった地域を中心に7ヶ所のヤードを設置し、被災車両の引き取りをスタートしました。
さらに、千葉県に多くの被害をもたらした千葉県豪雨が10月25日に発生したことを受け、千葉県茂原市に茂原ヤードを設置しました。

【活動報告】

ゴルフ場の約4,000平方メートルある敷地にヤードを構えたいわきヤードをはじめ、8ヶ所のヤードの総面積は約26,000平方メートル。 全国各地から応援に駆け付けたNGP組合員が作業に当たり、約4,600台の車両の撤去を行いました。

全国8ヶ所のヤードの状況

令和元年台風19号及び千葉県豪雨 被災車両復興支援

  • 令和元年台風19号及び千葉県豪雨 被災車両復興支援1

    全国からNGP組合員が集まり作業に当たる

  • 令和元年台風19号及び千葉県豪雨 被災車両復興支援2

    水害被害にあった車両は泥を含み作業は難航した

  • 令和元年台風19号及び千葉県豪雨 被災車両復興支援3

    続々と被災車両がヤードに集まり被害の甚大さを物語る

  • 令和元年台風19号及び千葉県豪雨 被災車両復興支援4

    ヤードから車両を搬出する正確さと素早さも求めらる

平成30年7月豪雨 被災車両復興支援

NGPは豪雨による洪水や土砂の被害を受けた車両の引き上げを行うため、2018年7月に岡山県岡山市と広島県福山市、広島市の三か所に対策本部を設置しました。 復興支援を開始した当初、被災地域では道路の通行止めなどが多く、通勤時間帯には激しい渋滞が発生していたため、渋滞する時間帯を避け早朝から作業を行うことで、 被災地域で行われているその他の復興作業の妨げにならないように作業を進めてまいりました。
全国のNGP組合員36社が連日泊まり込みで作業にあたり、約2,500台の被災車両を引取り、被災地の復興支援を後押ししました。

  • 各地からNGPの組合員が集まった
  • 全車「災害救援車両」の看板をつけ、作業は早朝から行われた
  • 準備したヤードには続々と被災車両が運ばれてくる
  • 水が抜けた車内には泥が多く残り、作業は困難を極めた
  • 酷暑が続く中、作業は迅速かつ丁寧に行われた
  • 暑さ、砂ぼこり、強烈な臭気の中での過酷な作業

関東・東北豪雨の復興支援

2015年9月、茨城県常総市と栃木県小山市の二か所に対策本部を設置しました。
常総市には約1万500平方メートルと4,600平方メートルのヤードを整備し、レッカー車8台とフォークリフト2台を投入。NGPの北関東支部15社の組合員が連日泊まり込みで作業にあたり、合計869台の被災車両を引取り、被災地の復興支援を後押ししました。

  • 関東・東北豪雨の復興支援
  • 関東・東北豪雨の復興支援
  • 関東・東北豪雨の復興支援
  • 関東・東北豪雨の復興支援

東日本大震災の復興支援

NGP協同組合では2011年4月11日にあいおいニッセイ同和損保の協力を得て、仙台市若林区のあいおいニッセイ同和自動車研修所に「NGP被災車両対策本部」を立ち上げ、同本部を拠点に被災車両を自治体が設けた一時保管場所まで引き上げる支援事業に取り組みました。
仙台市・岩沼市を中心にローテーションで約2ケ月間実施し、述べ854人の組合員が参加し、約2,000台の車両撤去活動を行いました。
NGP協同組合は被災車両処理活動をきっかけに被災地支援のためにベルマーク運動協賛企業となり、今後も引き続き被災地の復興に向けた支援活動を実施してまいります。

  • 東日本大震災の復興支援
  • 東日本大震災の復興支援
  • 東日本大震災の復興支援
  • 東日本大震災の復興支援
  • 東日本大震災の復興支援
  • 東日本大震災の復興支援
  • 東日本大震災の復興支援
  • 東日本大震災の復興支援
  • 東日本大震災の復興支援
  • 東日本大震災の復興支援
  • 東日本大震災の復興支援
  • 東日本大震災の復興支援
ページ上部へ